お姉ちゃんと朝食を2008/06/22 02:51:50

 両親が旅行で留守にしたため、朝食は姉が作ることになりました。
 
姉 「朝ごはん、そろそろできるよ~ …って、まだパジャマ?」
私 「おー、そいじゃ着替えるとするかね」
姉 「洗濯するからカゴに入れてね~」
私 「あいよ~」

 ―弟、着替え中

私 「…アメリカ人って、パジャマのままで朝ごはん食べてそうだよねぇ」
姉 「うん、普通にね。しかもベッドで食べてたりもするね。 …コーヒーがいい? 紅茶? それとも、ミルク~?」
私 「コーヒーにするかね」
姉 「りょうか~い」

 ―お着替え完了

私 「では、いただきまーす」
姉 「はい、どーぞ。 ちなみに今日のパンはフランスパンで~す。ここのは柔らかくっておススメなんだよっ♪」
私 「ほほう。 で、バターナイフはどこ?」
姉 「あっ、忘れてた… えっとね、マーガリンにバターナイフを入れとかないほうがいいんだって」
私 「ああ、パンくずが入ってると傷みやすいんだよね」
姉 「そうそう。はい、バターナイフ」
私 「へいどーも(ぬりぬり) …ああ、確かに柔らかくて美味しいね。」
姉 「でしょ~♪」

 ―メインディッシュへ

私 「ああ、なんかいろいろ入ってるけど、つまりこれは巣篭もり卵なわけだ」
姉 「キャベツがたくさんあったんで、ホントはザワークラウトにしてチーズを混ぜて、ベーコンと炒めてをみようかと思ってたんだけどね~」
私 「お手軽に♪…というわけデスね」
姉 「ま、まあ、そうともいえるかなぁ~」
私 「巣篭もり卵って、お姉ちゃんが一番最初に教えてくれた料理なんだよねぇ。これは、その進化系なワケですな。」
姉 「えっ? あ、う、うん。 …よく覚えていたね」
私 「ああ、もちろん。で、美味いねぇコレ」
姉 「…うん!そうでしょ♪」

 ―食後のコーヒータイム

私 「ふむ、やっぱり挽きたてはいいねぇ …って、どしたの、真剣に広告見て」
姉 「あ、うん。ユニクロって水着売ってるんだねぇ」
私 「ああ、そうらしいね。水着、ユニクロで買うの?」
姉 「スポーツクラブとかで着る用にね」
私 「なるほどね。 …じゃあ、夏休みに船に乗るときとかの水着は?」
姉 「海に行くときのは、もっと別なところで買うよ~ やっぱりリゾート気分で行きたいからねっ☆ ウフフ♪」
私 「なぜ笑うデスか」
姉 「クルージング、楽しみにしてるねっ♪」
私 「あ~、うん。楽しみにしててクダサイw」
姉 「うんっ。楽しみにしててねっ♪」
私 「へ?何を?」
姉 「お姉ちゃんの水着姿☆」
私 「いや、見慣れてるし」
姉 「やん☆ 照れなくてもいいんだゾ?」
私 「なんでやねん」

 優雅なはずのコーヒータイムが、いつの間にやら妙な雰囲気にw

 以上、朝のひとコマをお送りしました。

コメント

_ 某名亡し ― 2008/06/24 00:21:15

これが朝のひとコマですか……。
…………
貴方って人はァァァァァァァァァァァァァ!!(泣

と、いうか年末に聞いていた話よりかなり凶悪になっているような気が……orz

_ KAZU ― 2008/06/24 05:22:30

 (姉の「やん☆」に)カッとなって書いた。反省はしていないw


>某名亡しさん

 ええ、6/21の朝10時頃のひとコマですよ~
 会話が多すぎるので削ってますが、ほぼそのまんまです。

 もっとも、姉が朝食を作るのは久しぶりなので、いつもの土曜の朝とは違ったひとコマですけれど。
 そういえば、いつも食卓には横に並んで座るのですが、両親が留守のため、姉と二人きりで向かい合って座ったのが、ちょっぴり新鮮でした♪

 …しすこんなので、ノロケてスミマセン(てへ♪) でも、何も泣かなくってもw
 それと、そんなに凶悪ですかね? 普段、姉とは大体こんな感じで接していますけど…w

 年末のチャットでは、過去のエピソードを思い出しながら話していますので断片的になりがちですし、他の方のお話が興味深いので、自分自身の話は、あっさり気味になりがちです。
 そういう点では、ブログではタイムリーにじっくり書けるために、チャットよりも濃い話になっている気はしないでもありませんね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://windedge.asablo.jp/blog/2008/06/22/3589709/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。