My private secretary2008/04/02 01:43:41

 同僚の友人と昼飯を食べながらの話。

友 「新年度ということで、新しく外注の人が来たんだけど、これが外注先の社長でさ」
私 「ほー、社長自ら来るとはスゲェな。やってけそう?」
友 「スキルは高いな… しかし、俺は認めねぇ!」
私 「性格が合わないとか?」
友 「もっと深刻な問題だよ。
   …社長なのに、美人秘書を連れてきていないんだ!」
 
 ……
 
私 「最近、昆布入りのおにぎりが売ってなくてサ」
友 「あからさまに話題を逸らすなよ」
私 「いや、とりあえず秘書はどうでもよかろう?」
友 「何を言う! 美人秘書を連れてない社長なんて社長ぢゃねえ!」
私 「…まあ、仮に秘書がいたとしても、美人とは限らんだろう? 男かもしれんし」
友 「俺の中の秘書検定では、男なぞ門前払いだ。なお、面接が点数配分の9割を占める。」
私 「どこのミスコンだよ…」
友 「秘書といえば美人! お前のお姉さんも秘書だったよな?」
私 「はい、おっしゃる通りです」
友 「…なんで敬語? まあ、お前に似ず、お前のお姉さんはキレイだからな、よって秘書は美人ということでQED」
私 「余計なお世話だ。ありがとうございます」
友 「…日本語がヘンだぞ? まあ、そういうわけで、お姉さんを紹介…」
私 「だが断る」

  
 春、それはヘンな人が増える季節でもあります。自分も含めて。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://windedge.asablo.jp/blog/2008/04/02/2928097/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。