濡れた、その瞳の魔法で2008/03/08 03:29:07

梅の花咲く春。
瞳を潤ませた姉に、物憂げに見つめられて、微妙にドキドキするイケない弟。
 
 姉 「…っちゅん」
 私 「…いつもながら、ネコがするような、ちんまいクシャミだねぇ」
 姉 「なによぉ …っちゅん」
 
花粉の舞う春。
 
 私 「もっとさ、こう、豪快にクシャミをした方がスッキリしない?」
 姉 「え~、十分豪快でしょ?」
 私 「どこがやねん」
 姉 「だって、これが最大出力だよ~」
 私 「『ちゅん』だけじゃん… 例えばさ、『ぶわっくしょい、てやんでい!』とか」
 姉 「そんな江戸っ子っぽいクシャミなんてしないよ…」
 私 「ふむ、じゃあ、『ふぇっくしょん、チキショウめ!』とかさ~ あっはっは」
 姉 「む~、そんなクシャミしないもん。
    …そういえば、かーくんは、どうしてクシャミの後に、『うにょ』って言うの?」
 私 「……なんでだろうねぇ?」
 
にんげんって、不思議。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://windedge.asablo.jp/blog/2008/03/08/2710279/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。