ぶらこん?2009/07/16 00:44:42

梅雨も明け、海豚補完計画、着々と進行中。

姉 「イルカさん捕まえた次の日も、水着がいるよね?」
私 「ああ、二日続けて水着だな。あと、海豚はキャッチアンドリリースでヨロシク」
姉 「うーん、水着、乾くかなぁ…」
私 「大丈夫だと思うけど」
姉 「そーだ!イルカさんの日は、古い下着で行けばいいかも~」
私 「何をおっしゃっていらっしゃいやがってますか!?」 ← 動揺
姉 「まあまあ、ビキニということにすれば、ね♪」
私 「透けとうダラー!」 ← 動揺
姉 「大丈夫だよ~ 生地厚めだから」

― さすがは天然お姉ちゃん、話が通じたよ…

姉 「それに、イルカさんには分からないし」
私 「人間には分かるがな…」
姉 「もー、細かいこと気にしすぎだよ?」
私 「いや、もう少し恥じらいをだな…」
姉 「それに、着終わったら捨てちゃえばいいから、ラクなんだよ~」
私 「…」

― いや、そこで黙るな自分。

私 「…オバハンくさい」
姉 「え~」

姉の言動が本気っぽいのが、気になるところですが…
ともかく、もうすぐ夏の海旅行ですっ!

いるかのなく頃に2009/07/30 03:37:14

 イルカって、けっこう鳴くのですね。

 というわけで、先日、イルカにお触りしてきました。癒されました♪
 ちなみに、姉は、お古の下着ではなく、濡れてもいい服を着てました。
 衆目に晒せずに済んで、弟として一安心。

私 「初めにエサをあげるときに噛まれてしまったな」
姉 「あ、わたしも。でも、大丈夫だったよ~」
私 「まあ、甘噛み程度で済んだからなぁ」
姉 「うん。それにイルカさんは悪くないよ?」

 姉弟そろって、犬にエサをあげるつもりで手を口まで近づけたのが敗因。

私 「それにしても、何というか、不思議な触り心地だったなぁ」
姉 「生暖かいナスみたいだったよね♪」
私 「…それだッ!」

 ちなみに、こすると垢が出ます

姉 「…あの娘、きっとわたしと来たがってた」
私 「…」
姉 「やっぱり、つれて帰るべきだったんだよ~」
私 「だから、お持ち帰りしたがるんじゃありませんッ!」

 遊んでくれたイルカさんは、女の子で、人間でいうと6歳くらいなんだそうです。
 …幼女に触ったり、抱きしめたり、キスしてもらったりした、と書くと、急に犯罪ちっくに


― さて、イルカとお別れした後は、夕食です

 予約していた海沿いのレストランで、ワインを傾けながら、ゆったりとディナーをいただきました。
 …4時間も。

 さすがに、みんな食べ過ぎたので、腹ごなしに夜の浜辺を散策。

 ― 夏です。
 ― 夜の浜辺です。
 → カップルだらけ

 当てられたのか、散策中の話題は恋バナに ―

私 「…お姉様」
姉 「なぁに?」
私 「何故にお友達が、私の初恋の話をご存知なのでしょうかねぇ…」
姉 「前にランチで話題になったからだよっ♪」

 ― なんてこったい

 というか、弟の初恋が話題になるランチって一体…
 経緯はコワくて聞けませんでした… orz


― さて、散策から帰ったら、お風呂です
 時間がかかるので、先に女性陣から入浴です。

  先に上がった姉のお友達がおしゃべりしてる中、雑誌を読んでいたところに、姉が戻ってきました。

姉 「かーくん、ドライヤーどこ?」
私 「ああ、ドライヤーなら…」

 ― 雑誌から目を上げると、体にバスタオルを巻いただけの姉が

私 「…ピンクの袋に入っているよ」
姉 「分かった~」

 雑誌に目を戻す私。
 静まった部屋 ―

 ― ちなうんです、そういう姉なんれす
 ― そういうことを気にしない姉弟なんれす

   姉の友達に、どうしたら分かってもらえるか、私にはわかりません。
   これを姉の友人が誤解したなら、その時、私は社会的に死んでいるでしょう。
   … ブラコンか、シスコンかの違いはあるでしょうが。
   これを見たお友達。どうか普通の姉弟だと信じてください。
   それだけが私の望みです。

 ともかく、弟としては ―
 『もう少し幅の広いタオルを巻いたほうが、いいんじゃないカナ? いいんじゃないカナ?』
 とても大事なことなので、2回思いました。
 でも、大事になるので、思っただけで、言いませんでした。



― 翌日は、天気はそこそこ良いけれど、風がありました

私 「…マリーナから連絡があって、波が高くて今日は船を出せないそうだ」
姉 「そっか… 残念だけど仕方ないねぇ」

 物分りの良い姉が自慢です。

姉 「それじゃ、今日は何をしよっか?」
私 「そうだな… まだ、島にあるスパに行ったことないけど、どう?」
姉・友 「スパ?」
私 「温泉や見晴らしの良いプール、リラクゼーションルームもある。結構有名なんだけど、今の時期、みんな海に行くから空いてると思うよ。」
友 「へ~、そうなんだ。ちょっと行ってみたいかも。」
私 「じゃ、少し海に行ってから、スパに行くってことで」
姉・友 「うん、それで行こ~」

 そんなこんなで、心機一転、水着姿で海とスパを堪能する一行の姿がありましたとさ。

 みんなでリラクゼーションルームで昼寝をしたあとは、評判の定食屋で早めの夕飯を食べ、夕暮れの海岸をドライブ。

 そして家路に着き、二日間のマリンライフはお開きとなりました。