サ イ ハ テ2011/09/03 01:20:06

― 書くかどうか迷ったのですが、よく登場してもらっていたので、やはり書こうと思います。


先月、姉のペットの犬が亡くなりました。
あの爺さんは、かなりの高齢で、心臓も弱っていましたので、覚悟はしていましたが…

脱水症状になり、姉が点滴をしたところ、少しだけ回復しましたが、結局その日のうちに眠るように亡くなりました。

通夜には、ご近所の愛犬家の方々がたくさんお悔やみに来てくれました。

 人気者だったんだな、爺さん。愛想振りまきまくりだったもんな。
 家族には、いつも偉そうだったけどな。

車を出すとき、隣の会社の社長さんが、社員の皆さんと一緒に並んで黙祷されていました。お花もいただきました。

「こんなにしてもらえるなんて、この子、なんか普通の人より偉そうだよねぇ」
姉はそう言って、腫れた目を細めて微笑みました。

「あぁ、全く、最期まで贅沢なヤツだな…」
私はそう言って、晴れた空を見上げて呟きました。


  この夏は暑かったなぁ、爺ぃ。やたら水飲んでたもんな、お前。
  暑すぎて顔中汗だらけだよ。今はその方が都合がいいけどな…

  みんなに愛されながら去れたお前が、正直ちょっと羨ましいな。
  ま、そっちにいる兄貴分に、あんまり迷惑かけんなよ。またな。

コメント

_ (未記入) ― 2011/09/03 22:54:44

まぁ生きてる限りしょうが無いですな
南無

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://windedge.asablo.jp/blog/2011/09/03/6085822/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。