Sister Beats!2010/11/03 01:31:27

 今回は、ちょっとシリアスめ?な話題です。

 夕飯時に、姉が、少し不安そうな真剣な表情で聞いてきました。

姉 「…もし、だよ? 私が脳死した場合にね、臓器を提供するのに賛成してくれる?」
私 「ああ、賛成するよ」

 即答した私に、ふんわりと優しい微笑みを見せる姉。

私 「どしたの?いきなり」
姉 「スポーツジムの知り合いの子が、ドナー登録したんだけど家族が承知してくれなかったらしいの」
私 「ふーん、臓器提供って、家族の承認がいるんだっけ?」
姉 「そうみたい。で、私もドナー登録しているから、聞いておこうと思って」
私 「そっか。ま、いいと思うよ」
姉 「うん、ありがと。…それにしても、臓器提供って、本人の意思が一番大事だと思うんだけどなぁ」

 法律では、そうもいかんのかな。

私 「それはそうかもだけど、家族の臓器が使われることに抵抗がある人もいるだろうし」
姉 「そうだね… ところで、さ。どうして賛成してくれたの?」
私 「ああ、元々肯定派なんだよね。本人の願いだし、灰にするくらいなら誰かが助かるほうが気分がいいし。」
姉 「そっか…」
私 「あと、お姉ちゃんのおススメの、あの映画を一緒にみたじゃん?あの臓器提供の話で、改めて考えてみた結果でもあるかなぁ」

 それを聞いて、嬉しそうな誇らしげな表情を見せる姉。
 # ネタバレ回避のため、映画の題名は伏せておきます

私 「ま、そういう自分はドナー登録してないんだけどね。なんか忘れてて」
姉 「そうなの?コンビニでもできるらしいよ?」
私 「へー、知らんかった。
  そういや、あるアニメで知ったんだけど、保険証や運転免許証の裏に書き込めるらしいね」
姉 「そうなんだ。それだと持ち歩くから、いいかもね」
私 「うん、今のには無いけど、更新して書き込み欄がついたら、書くつもり」

  ― うちの姉弟は、こういった会話もしてたりします

 まあ、夕飯時に臓器の話をするというのもアレですが、こういった話をするのは、元看護士である母親の影響でもあります。
 おかげさまで、食事中に、テレビでリアルな手術シーンをやっていても全く平気です。

 ナースと聞くと、ちょっとヨコシマな妄想をする殿方もいらっしゃるでしょうがw
 実際のところ、看護師さんはハードな職業です。
 全身が焦げ皮膚が爛れた患者さんでも、目を背けることはできません。
 素行の悪い極道の患者さんを、叱り飛ばしたりもします。
 患者さんのため、看護師さんは病院という戦場を走り回るのです。あのナイチンゲールのように。
 そんなわけで、看護師さんは、優しい豪傑といった性格の方が多いような気がします。

 ちなみに、うちの親父は、バイクで事故って入院した先で、看護士の母と出会ったという、一級フラグ建築士ですw
 それなんてエ(ry
 身近に、三次元でそんなことをやってのける漢がいるのかと思うと、リア充爆発し…じゃなくて胸熱ですw

CLEANING!!2010/11/06 23:45:30

 今日は、いい天気でした。

姉 「大掃除のときだと大変だから、カーテン洗うよ~
  窓ふきのついでに、お掃除するね」
私 「ああ、そう。ありがt……」

  ―― うおっ、ヤベェ!

 紳士諸兄には、ご理解いただけるだろう「おかんの掃除という名の蹂躙」が、姉の手で!

  ―― 衛生兵!衛生兵!
  …… オレ、この清掃が終わったら、部屋に篭もって姉モノのラノベ読むんだ…

 なんて錯乱している場合ではない!
 いくら私の趣味に理解のある姉とはいえ、見られてはアレなレベルのものもあるので、とりあえず時間稼ぎを。

私 「それじゃ、カーテン外すから、お姉ちゃんは他の部屋からお願い」
姉 「そう?カーテンくらい外してあげるよ~」

  ―― その優しさが、今はツライっス!

私 「ほらさ、PCが邪魔したりしてるし、ちょっと高いところだし、自分でやるよ」
姉 「そっか。じゃ、よろしくね」
私 「了解」

  ―― さて、まずは18k

姉 「あ、それとね~」
私 「ひゃい?」
姉 「カーテン吊るすやつは外さなくていいよ~」
私 「分かりましたです」


 こうして、なんとか巧妙にブツを隠し、無事、マイルームは清掃されたのでした。

 ちなみに、うちの姉は掃除に凝るタイプで、汚い部屋を掃除した後の清清しい達成感が心地良いんだそうな。
 しかも、普段のぽえっとした雰囲気からは想像できないほど、掃除するのが早い。
 私は用事があったので、3時間ほど外出してる間に、全ての掃除が終わってました。

 お姉ちゃん、すこぶるイイ笑顔。

姉 「うん、スッキリ♪ これなら派遣のメイドさんで食べていけるよねっ!」

 それは、ダ○キンの派遣とかではなかろうか。まあ、メイド姿は似合うだろうが。

私 「まぁな… (というか、掃除のしかたに何か執念のようなものを感じるんだが…)」
姉 「ん? どっかヘンだった?」
私 「いや、えっと、そう、PS3の電源が入りっぱなしだったヨ」
姉 「ありゃま、気付かなかったよ~」

  ―― 隠したモノは位置が変わったら分かるように仕掛けておいたので、セーフ
  …… たぶん

温泉旅行なう2010/11/20 21:05:24

姉と旅行中です。
あと、犬とかも
…最近、温泉ばかりだな!

まあ、特に不満はないれす。
姉に声かけられたので、風呂入ってきますね。

姉、走る月2010/11/27 01:36:13

 ごきげんよう。
 もう来週は、姉の月になるのですね。
 我々の業界で言うところの姉走(しわす)ですね。
 ところで、「姉の月が来る」ならいいけど、「姉に月のが来る」だとちょっといやらしいわよね?

 姉との温泉旅行から帰った翌日に入手した『Kiss×sis』第7巻限定版のOVAが温泉旅行編だったので、微妙に気まずい気持ちに。
 まあ、行ったのは伊豆の方で、伊香保温泉ではないですけどね。
 なお、熱海でもありません。熱海は、姉さんではなく、寧々さんと行くところですよね。

 それにしても『Kiss×sis』本編、はっちゃけてますね。
 あこにゃんペロペロ(^ω^)
 さすが、住之江姉弟は一味違うな!
 一味違うといっても、うちの姉の味と違う意味ではナイ。
 この味は…ウソをついている味だぜ!なんだと、このペロ野郎!「ペロペロ」「やめて!」
 ペロペロはしない。むしろペロペロされる。姉の犬に。
 最近、姉とペロペロしたのは、温泉旅行中に食べた薔薇のソフトクリームくらいですよ。
 ちなみに薔薇の香りが強すぎて味覚がヘンになったので、その後ミカンむいてもらったけど味が分からんかった。


~ おまけ脳内劇場(アニメ地獄変) ~

私A 「『神のみぞ知るセカイ』って、なんか姉属性キャラがいないよなぁ…」
私B 「そうだな…… ! いや、そうか、そういうことだったのか!」
私C 「どうしたんだ? キ○ヤシ」
私B 「キバ○シ言うな! 『神のみぞ知るセカイ』の姉キャラは、エリュシア・デ・ルート・イーマだ!」
私A 「えぇ?彼女は、あくまでも妹だぞ?」
私C 「…! そうか、彼女は年齢がさn」

 ―― 私Cさんが拘留ビンに捕獲されました

私A 「…いや、ほら、つまり年上だからってことネ?」
私B 「いや、そういう数値上の話じゃない…… 彼女の愛称を思い出してみろ」
私A 「愛称…って、エルたん?」
私B 「エルたん言うな!カワイイな!」
私A 「だろ?」
私B 「ああ……って、そうじゃねぇ!彼女の愛称は『エルシィ』だろ!」
私A 「そうですが何か?」
私B 「『エルシィ』は、ただの略称じゃない。【elder sister】の略、つまり『お姉ちゃん』なんだよ!」
私A 「な……なんだってー!?」
私B 「主人公の姉キャラを求める無意識下の意識なのかもしれないな…」
私A 「そうか…それこそが主人公が真に二次元に望んだ『神のみぞ知るセカイ』なのか…」
私B 「ま、ぶっちゃけ、掃除が得意なとこが、うちのお姉ちゃんと似てるってだけだがナ!」
全私「「「それだッ!」」」

 いいのか、それで…