こんよく!!2010/07/30 01:50:18

 もう2週間近く前になりますが、一泊の「温泉」旅行に行ってきました。
 旅行の発案者は、姉と母。犬も一緒です。
 親父は、ゴルフに行くとのことで、ハブられました。
 で、自分は、行き先と、温泉に入るという目的以外、あまり話をきいてませんでした。

…この時点で、自分は気付くべきだったのですよ。


 1日目は、道の駅で、鮎の塩焼きや豚串など、美味しくいただきながら宿へ向かいました。
 水が綺麗で冷たい。こういうところの食事は美味しいですよね。
 姉は、宿に向かう途中も、ガイドブックを見て、どこで何を食べるか葛藤していました。
 夜は、宿で食事がでるんですけどね。

 さて、宿についたのですが、…温泉が無いよ?

私 「外湯に行くの?」
姉 「ちがうよ~、温泉は、あ・し・た♪」
私 「ふ~ん」

 はあ、そうなのかと思いつつ、夕暮れに姉と犬とお散歩。
 爺むさいくせに林の中では異様に元気だな、犬。

 夕食は宿で。食後に、姉が自分で持ってきた紅茶をいれてくれました。
 私のは、ミントティー。姉は…

姉 「イングリッシュティーなんだけど、香りがいいよ。飲んでみて♪」
私 「ああ、香りが良くて…うぁっちっち!」

  …舌をヤケドした。私は、とても猫舌なのです。
  もだえる私。

姉 「あ、熱いの忘れてたよ~。えへ♪」

  えへ、とか言うな。かわいいな。

 天然のワナにはまった後は、お風呂です。混浴でも温泉でもないけど。
 …いえ、別に残念てことはないですじょ?
 男女別の大浴場なので、女性陣から先に。私はテレビ見ながら半分寝てました。
 で、揺り起こされて、今度は私が浴場へ。

私 「ふう、久しぶりの広い風呂はいいな…」

 部屋に帰って、櫛をだそうとしたところ、鞄の上に水色のものが。
 …どう見てもブラです。本当にありがとうございました。

私 「って、違う!こんなとこに置いとくな」
姉 「あ、洗物袋にいれるつもりで置き忘れてたよ。ゴメンゴメン」

  置き忘れるな。かわいいな。

 …そういえば、最近、電撃コミックスの『ちいさいお姉さん』を読んだけど、弟にブラを洗濯されて恥ずかしがる姉というのは、ファンタジーだと思うのですよ。私は。

 ブラはホックがついているため、他の洗濯物を痛めるないよう、内側に折り込むかパッド入れに入れて、ややたたんだような状態で洗濯ネットに入れて洗うのです。
 なお、完全にたたむと、内側の汚れが落ちにくいので、ある程度ずらした「<」や「L」のような形にするのです。

 って、なぜブラの洗い方講座になってるんだ。
 豆知識ならぬ姉知識。

   閑話休題。


 夜は布団を並べて川の字に。
 途中、トイレのため起きたら、姉の寝相が悪くてNの字になってた。
 トイレから戻ってきたら、布団を犬に占領されてた。

私 「お前さんの寝床はそこじゃねえ」

 寝相のおかしい姉の横に置いてやった。
 ご主人の寝相によるロードローラは、姉のペットの宿命じゃよ。

 …朝起きて見たら、普通に寄り添って寝てた。ちっ、なかなかやるな。

 朝風呂に入り、さっぱりしたところで、部屋に帰還。
 姉がテレビを見ながら髪の手入れをしていた。
 …なんで、旅行に行った朝に見てる番組は女児向けなのか。

 もっとも、私が休日に起きる時間は、なかなか話の進まない海賊の頂点を目指す少年が手足を伸ばしているか、タモさんが笑っている頃なので、自宅でも姉はそういうライフスタイルなのかもしれない。

 しかし、なぜ最近の魔法少女は拳で語るのか。いや、尻で語ることもあるらしいが。
 姉的には、今期はお色気が足りなくて不満だったが、新キャラには割りと満足しているらしい。
 …ときどき、姉が分からない。

   閑話休題


 さて、身支度が済んだら、朝食です。
 犬と共に、外のテラスでイングリッシュブレックファーストです。
 要はパンとヨーグルト程度。おいしいけど少し物足りない。

 朝食も済み、出かける用意をして宿をチェックアウト。
 道の駅によりながら、目的の温泉へ…!

私 「お姉様、どんな温泉なんですか?」
姉 「源泉かけ流しの露天風呂だよ♪みんなで入れるよ~」

 ほほう、混浴なのですね。
 結構、山の高いところにあるらしく、とてもいい眺め。

姉 「ついたよ~ あ、電話で聞いたとおり空いてるねっ♪」

   源泉かけ流し。
   露天風呂。
   客は他にいない。
   みんなで入れる。
   つまり、犬も入れる。
   浴槽、水深15センチ。
   浴槽の壁のとなりはドッグラン。
   近くにトリマーの小屋。
   むしろ、犬が入る。

私 「犬用の温泉だー!?」
姉 「そうだよ~ 私たちも足湯できるよっ♪」

 混浴のキャッキャウフフな話を期待されていた方は残念でした。
 主に私が残念でした。
 私は、犬のドライヤー係だったのです。



 もっとも、源泉かけ流しというだけあって、足湯はとても気持ちがよかったです。
 冷え性の姉が、車の中で、冷房が苦にならなかったそうです。
 ドライヤーも、業務用のやつで、送風に翻弄される犬がちょっと面白かった。

 こうして、土産を買いつつ、家路につきました。


 …まだだ。まだ夏は終わらんよ!

 来月は、姉や知人と海に行ってきます。
 姉は水着を新調したらしいです。期待。

 ところで、ビキニは、フリルのついたワンピースと違って体型を強調しないので、目立ちたくない娘さんが着るという話は本当なんだろうか…?

コメント

_ Taka ― 2010/08/02 00:14:46

とにかく お姉ちゃんがほしかったのに 一等最初に生まれてしまったぼくが 本物の姉弟ってどんななんだろうっていう興味をもって かーくんのブログ読みに来ているんですが

こういうエントリー読ませられると
しみじみ かーくんは お姉ちゃんがいていいなぁと
うらやむ気持の方が強くなってきました (^^ゞ

ところで 
足湯の温泉の わんちゃんの後ろに座ってるのが
お姉ちゃんですか?

スタイルいいですね

友だちから かーくんのお姉ちゃんはかわいいな
とか 美人だなとか 言われたことってないんですか?
言われると 結構 表面上は「んなことないよ」とか
強がっていうかもしれないですけど 内心 うれしいもん
ありませんか? お姉ちゃんをほめられるのって

まあ
ブラジャーや 下着の件は、ぼくにも妹がいるんで
姉や妹って んなもん 弟や兄に見られて 恥かしがるなんていうこと ないんと違いますかね

妹なんかは 身長が低いので 妹のぱんちゅを居酒屋ののれん手で分けて店にはいるような高さに、部屋の中に干されたことありますよ (^^ゞ

_ KAZU ― 2010/08/03 02:29:11

> Takaさん

> しみじみ かーくんは お姉ちゃんがいていいなぁと
> うらやむ気持の方が強くなってきました (^^ゞ

自分も、姉がいてよかったなぁ、としみじみ思いますw

> 足湯の温泉の わんちゃんの後ろに座ってるのが
> お姉ちゃんですか?

ええ、そうです。
このときは、姉が犬に湯をかけたり浸からせたり出したり。
私は犬に湯を飛ばされないように気をつけながら写真担当。
母はまったり足湯を堪能。

> スタイルいいですね

ええ、メタボぎりぎりな弟とは大違いですw

> 友だちから かーくんのお姉ちゃんはかわいいな
> とか 美人だなとか 言われたことってないんですか?

結構あります。
で、「お前と違って」とも、よく言われます…

> 言われると 結構 表面上は「んなことないよ」とか
> 強がっていうかもしれないですけど 内心 うれしいもん
> ありませんか? お姉ちゃんをほめられるのって

嬉しいけれど、だいたいひとこと余計なので、帳消しにw

> ブラジャーや 下着の件は、ぼくにも妹がいるんで
> 姉や妹って んなもん 弟や兄に見られて 恥かしがるなんていうこと ないんと違いますかね

ええ、恥ずかしがらないのが普通じゃないかと思います。
まあ、もう少し、恥じらいを持って欲しいかなとは思ったり思わなかったり。

> 妹なんかは 身長が低いので 妹のぱんちゅを居酒屋ののれん手で分けて店にはいるような高さに、部屋の中に干されたことありますよ (^^ゞ

これは、うちも似たようなことがあります。
部屋のドアが開いていたので、入ろうとしたら、目の前にぱんちゅw
風通しが良くて乾きやすいので、ドアを開けたところに干していたらしい。
姉の背なら通れるだろうけど、弟には目の高さです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://windedge.asablo.jp/blog/2010/07/30/5256332/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。