アネガミ2009/03/19 00:00:48

 いつのまにか3ヶ月近くも放置したままに…
 わざわざ来ていただいていた方には申し訳ありませんでした。

 今年に入ってから忙しくなったというのもありますが、いつも通りで、あまり書くことがなかったというか…って、言い訳がましいですね。

 正月は姉と初詣に行って、おみくじが凶だったのを、笑われつつもなぐさめてもらったり。
 1月後半にスキーに行った時に、皆とはぐれてしまい、姉と二人で誰もいない穴場のコースを滑り倒したり、その後、喫茶店でケーキ食べまくったり。
 節分には、一掴みで年齢の数の豆を手にしたのを褒められたり。
 バレンタインは、いつも通り、姉からチョコを貰い、そのチョコを姉に大半食べられてしまったり。
 ホワイトデーは、今年は手作りする余裕が無かったので、限定のタルトを買ってきて、姉と食べたり。

 そんな普通の3ヶ月でした。ダイジェスト終わり。
 今後は、小ネタを少しずつ書いて行こうかと思いマス。


 さて、今回のタイトルですが、今日発売のあのゲームから拝借しました。
 とりあえず予約してあるので、近日中に検収予定。

 ちなみに、うちの姉は天然さんですが、男殺しでも女王様でもないれすよ。
 ……たぶん。

 『おいおいKAZU、キミの姉さんは弟殺しだろ? HA、HA、HA!』
 …違うと思いマスよ? 自分、シスコンですけどー

 ちなみに、姉に甘噛みされたことは、ちょっとあります。
 なお、姉の犬に甘噛みされたことは、やたらとあります。

こんなカワイイ犬が女の子のワケがない2009/03/30 00:22:22

 姉が飼っている犬は、ポメラニアン。
 小型犬で、見た目が愛らしいので、散歩に出ると「カワイイね」と、頭を撫でられることが多いです。

私 「お姉様、あなたのポメが、腹出してイビキかいて寝ています」
姉 「お腹出して寝てるなんて、安心しきっているんだねぇ」
私 「歳相応に、おっさんぽいやね…」
姉 「ミルクちゃん、おっさんじゃないもん」
私 「いや、だからなんで名前をミルクちゃんに変えようとするんよ…」
姉 「カワイイから」
私 「…オスらしくないねぇ」
姉 「そういえば、女の子、飼ったことないね」
私 「ああ、そうだなぁ。
   ちなみに、女の子の犬だったら、なんて名前をつける?」
姉 「キャサリン」 (即答)
私 「…また、濃い名前を挙げてきたなぁ。 愛称はキャシー?」
姉 「うーん、それだとイマイチかなぁ~」
私 「じゃ、他には?」
姉 「フランボワーズ」 (即答)
私 「さっきより濃いよ! 愛称はフランか…」
姉 「ううん、ふぅちゃん」
私 「めっちゃ略したな!
   ていうか、女の子なんだから、それこそミルクとかメロンでいいじゃん」
姉 「え~ ミルクちゃんは、そこにいるもん」
私 「だから、その爺様の名前を変えるなっつーに」
姉 「じゃあ、メロンちゃんにする」
私 「じゃあ、じゃないわい」
姉 「じゃ、タマちゃん」
私 「それはネコだ」

 にゃう~ん。

 姉のネーミングセンスは、よく分かりません。